森田療法ビデオ全集 第3巻
生活の発見会

森田療法の思想をベースにした自助グループ、生活の発見会。 その主活動である集談会での回復のプロセスをドキュメンタリーで紹介。

予告編


解説


mt2_photo1

 森田療法のセルフヘルプ(自助)グループを紹介
 森田療法は、神経症(不安障害、神経症性障害)の症状を異物として取り除くのではなく、心の自然な反応としてとらえる、日本独自の精神療法です。森田療法ビデオ全集(デジタル・リマスターDVD)の第3巻にあたる本作は、セルフヘルプ・グループの活動を紹介。 森田療法の考えをベースとしたセルフヘルプ・グループとして歴史のある “NPO法人 生活の発見会” の主な活動である “集談会” をドキュメンタリーで紹介します。    
 
mt3_p3

 悩んでいるのは自分だけじゃないんだ!  
 毎月全国で開催されている集談会。そこには神経症という同じ悩みを持つ仲間が集まり、悩みや回復体験を語り合います。  
 ある日、神経症に悩む女性が、とある集談会を訪れます。彼女が強迫性障害に伴って起きるうつ状態の悩みを吐露すると、多くの参加者が自分も同じ経験したことがあると、自らの体験を語り始めます。悩んでいるのは自分だけじゃないんだ。彼女は、仲間たちの共感と体験談を通して改めて自己を見つめ直し、回復への道を歩み始めます。  

mt3_003

 作品の随所には、セルフヘルプ・グループに精通した比嘉千賀医師による、セルフヘルフ・グループの意味、効果、回復への道筋などの解説が織り込まれ。  
 セルフヘルプ・グループではどのように回復していくのか? セルフヘルプ・グループへの参加を検討されている方にとって、大変参考になるDVDです。

mt2_photo2




生活の発見会・プロフィール

mt3_kanban


 NPO法人 生活の発見会は、神経症(不安障害、神経症性障害)の悩みを抱えている当事者による自助グループです。   
 日常生活を維持している人たちを対象に、集談会と森田理論の学習を日常生活に活かし、神経症からの回復と、より豊かな人生を目指しています。  
 創立は1970年、会員数は2,000名以上。活動の拠点である集談会は全国各地区に約130か所あり、お互いの体験を語り交流しあい、回復体験の発表や森田理論の学習活動などを行っています。


比嘉千賀・プロフィール

mt3_kanban

1968年 東京慈恵会医科大学卒業。
同大学精神医学教室で研修。
1971〜1987年 復光会総武病院・社会精神医学研究所に常勤勤務。後に同研究所副所長。
この間、東京都児童相談センターほか数か所の児童相談所、教育相談所、東京都精神保健センターなどの嘱託を務める。
1987〜1994年  栃木県精神保健センター(当時)所長。
1994年   さいたま市に「ひがメンタルクリニック」(デイナイトケアを併設)を開業。
2005年 自費カウンセリング「けやき心理相談室」を併設。
 一般の精神科診療の他、森田療法、集団精神療法、アディクション(アルコール、薬物、ギャンブル、摂食障害など)、DVや児童虐待、ひきこもりなどにも力を入れている。そして、セルフヘルプ・グループとの連携を積極的に行っている。
 また、コメディカルスタッフと共に多職種でのチーム医療を行い、地域の関係機関とのネットワークを大切にして、多問題事例などにも連携して取り組んでいる。


批評記事


hakken
NPO法人 生活の発見会 発行 「生活の発見」2001年9月号
評者:明念倫子(生活の発見会)


  ↓クリックで拡大されます。

mt3_critic

出演者の感想


hakken
NPO法人 生活の発見会 発行 「生活の発見」2017年3月号


  ↓クリックで拡大されます。

mt3_critic
mt3_critic

mt3_critic

mt3_critic

mt3_critic

mt3_critic

クレジット


出演: 

高橋しずか、比嘉千賀、NPO法人 生活の発見会・有志の皆様

製作: 岡本常男(公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団)
医学監修: 丸山 晋(精神科医)
撮影・録音: 田山 滋 
協力: 公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団、NPO法人 生活の発見会
制作・著作: 有限会社ランドスケープ
編集・監督: 野中 剛
DVD / 4:3 / カラー / ステレオ / 65分 / 本体価格:4,800円(税抜)
オリジナル版:2001年、DVD版:2016年度作品



↑Page Top↑