ジャーニー トゥー ケーテ

 ぼくらは踊るんだ、ケーテのために! アミキの思想を浮き彫りにするドキュメンタリー。


予告編

 



解説


 1995年春、アミキはベルリンへと旅立ちました。ドイツの女性画家ケーテ・コルヴィッツの生涯を描いた「リュックブリック」を上演するためです。
 カメラはヒースロー空港から始まり、公演のハイライトシーン、バック・ステージ、旅の様子、そして同時にケーテの生涯を追っていきます。そこから浮き彫りにされるのは、アミキの芸術性の高さはもとより、アミキの理念、思想です。

J to k


クレジット

出演:  アミキ ダンス シアター カンパニー

声の出演:

ウタ・小平・シュンプ、野中 剛
制作・著作: 有限会社ランドスケープ
監督: 野中 剛
<日本語字幕> DVD / 白黒 / ステレオ / 52分 / 1996年度作品

More...


↑Page Top↑