about LandscapeAskLink
Space Space
>Top  > 作品  > ダウン症の方のためのエクササイズとダンス遊び

 

タイトル

ダウン症のある方のために考案された「エクササイズ」 と、
決まった振付のない自由に踊れる「ダンス遊び」


このDVDの目的

 ダウン症の方は、生まれながら人ぞれぞれ様々な身体特性(体質、合併症など)を持っており、それによって運動機能の発達遅滞が生じる傾向があることはよく知られています。中でも 身体(筋肉)の低緊張(*1)は、ダウン症の方に共通した、運動機能に影響を与える身体特性の代表例と言えます。 
  そんなダウン症の方の低緊張の身体(筋肉)は、青年期を過ぎると今度は硬くなっていきます。それに伴い運動機能は、30代~40代を過ぎると低下していき、壮年期になると運動する機会が極端に減り、単調な生活パターンになりがちで、肥満や疲れやすさを訴える方も多くいます(*2)
  ダウン症の方たちの身体のライフ・サイクルは、私たち健常者よりも発育・発達が遅く、衰え(老化)が早いとも指摘されます。運動をすることによって、児童、青年期の身体作りや、成人期、壮年期の身体の健康を維持していくことは、ダウン症の方々の生涯において大きな課題と言えます。
 一方、ダウン症の方たちは、明るく朗らかで、人なつっこく感性豊かという精神特性を持っています。中でも表現活動に長け、音楽、リズム、ダンスを好むことはよく知られています。それらはダウン症の方々の長所、魅力と言ってもいいでしょう。

   
 本DVDで紹介する「エクササイズ」は、遊びのように楽しみながら身体を動かし、ダウン症の方たちの生涯に渡る「体づくり」をサポートします。
 そして「ダンス遊び」は、ダウン症の方がすでにお持ちの長所と魅力、そのよい面に磨きをかけ、更に伸ばしていこうとするものです。

 「エクササイズ」と「ダンス遊び」の両方を通じて、ダウン症の方々の人生の質の向上、幸せに寄与したいと願い、このDVDは製作されています。


  *1) ダウン症の方は共通して、出生時から筋肉の低緊張の傾向が見られます。その影響により、生後からの平均達成年齢は、首のすわり=4ヶ月、寝返り=6~7ヶ月、ひとり立ち=11~13ヶ月、はいはい=12~13ヶ月、独歩=22~27ヶ月と、時間がかかります。その後児童期以降も、弱い筋力を姿勢や動き方で補おうとするため、偏った姿勢や動作をしがちになります。(Melyn et al, 1973, 鈴木ら,1987 /外木秀文「ダウン症者の生涯を通じての健康管理について」 / 池田由紀江「ダウン症のすべてがわかる本」講談社、2007)
   *2)菅野敦、池田由紀江「ダウン症の豊かな生活」 / 福村出版(1998)

↑↑↑戻る


 

Photo01


視聴対象

 健常者の青年・成人の方々。
 地域の作業所、自立支援施設、生活実習所、特別支援学校、学童保育、ご家庭など、ダウン症の方に接するすべての方々に、このDVDを利用していただき、エクササイズとダンス遊びを楽しんでいただきたいと願っています。
  親子二人でも、多人数でも実施できる内容になっています。ご家族で、または地域での参加型イベントとしてもご活用ください。
  多くの方にダウン症の方々に接しいただき、彼らの魅力を知っていいただくことも、このDVDの目的の一つです。

ポーズmonomonohito

エクササイズ

楽しみながら筋肉の維持と強化

 エクササイズは、児童期以上のダウン症の方々の身体に共通した、以下の脆弱性に対して、維持、強化を目的として、組み立てられています。

  1)身体(筋肉)の低緊張
  2)合併症による体力の低さ、動きの少なさ
  3)肥満傾向からの敏捷性の低さ
  4)平衡感覚(バランス能力)の低さ

 エクササイズの最初は、「座って」行うことから始まります。 続いて「立って」エクササイズ、「歩いて」エクササイズへと進行していきます。
 「座る→立つ→歩く」という、心臓への負担が少ない自然な流れの中で、徐々に心拍数をあげ、小さな動きからダイナミックな動きへと段階的に運動が変化していくように構成されています。

   

  ダウン症の方の苦手な動きでも楽しみながら取り組めるよう、タンバリンや音楽を用いた内容になっています(タンバリンがない場合は、鈴やお菓子の缶など、音の出るものなら何でもご使用になれます)。
 ダウン症の方に関する運動研究では、音楽を使用すると高い効果が得られるという結果や事例が多く報告されています(*3)。また、グループ(多人数)で音楽と運動を結びつけた活動をすると、言語分野に伸びがみられるという結果も報告されています(*4)

 是非、楽しんて動くことをテーマにエクササイズしてください。上手にできたできないといった結果は、問題ではありません。くれぐれも訓練や鍛錬のようなムードにならないように配慮してください。身体を使った遊びのように、楽しんで身体を動かすことが一番大切です。
 エクササイズ所要時間=約10分。


   *3)菅野敦、池田由紀江「ダウン症の豊かな生活」福村出版(1998)
菅野敦、玉井邦夫、橋本創一、小島道夫「ダウン症ハンドブック(改訂版)」日本文化科学社(2012)
高橋八代江、吉田孝子「ダウン症の子供の身体を育てる」こやぎ文庫No.5 (1994)
平井伊都子「ダウン症幼児のコミュニケーションの発達における音楽療法の試み」
小林芳文、松瀬美千「音楽ムーブメント(ムーブメント教育実践プログラム第6巻)」コレール社(1988)
大橋さつき「特別支援教育・体育に活かすダンスムーブメント」明治図書出版(2008)
  
 *4)石川郁子、飯村敦子、小林芳文「ムーブメント教育によるダウン症児の指導」横浜国立大学教育紀要32巻、241-261(1992)

↑↑↑戻る



Photo02


ダンス遊び
ダウン症の魅力に磨きをかける

 ダウン症の方といっても、その身体性の個人差は幅が広く、様々な体質、合併症のダウン症の方がいます(*5。例えば、好きなダンスを踊ろうとしても、既成のダンスには決まった振付があります。ダウン症の方は、その身体性ゆえ(*6)、そんな振付を体現することが難しい方が多く、既成のダンスを楽しめるのは 一部のダウン症の方たちに限られてしまうのが現実です。

 このDVDで紹介する「ダンス遊び」は、すべてのダウン症の方が実施可能な「ダンス遊び」です。楽しみながら、ダウン症の方々の長所が更に活かされ、伸びていくように、以下の点を主眼に構成されています。

 1)自分で発想した自由な動きでダンスを楽しむ
 2)達成感、自己肯定感の強化
 3)個性と創造性を伸ばす
 4)ダンスを通じたコミュニュケーション能力の向上

 「ダンス遊び」には、決まった振付がありません。ダウン症の方たち個々の独特な身体の動きに価値と美を見出し、それをそのままダンスにしていきます。日常生活では否定されがちな身体の動きが、「ダンス遊び」の場では、その人にしかできないユニークな身体表現として肯定、受容され、それがダンスになっていきます。そんな場での彼らは、他では見られないイキイキとした姿を見せてくれます。


 「ダンス遊び」は、段階的に4つのテーマに分けられています。

  ①「基礎・ポーズでダンス遊び」
    ダウン症の方たちの得意とする動作、「ポーズ」を基本に、
    「ダンス 遊び」の基礎を楽しみながら作っていきます。
     一人一人のポーズを肯定し、音楽を流してダンスにしていきます。
   

  ②「初級・マネしてダンス遊び」
    他者のポーズをマネすることにより、他者との間接的な関わりの
     ダンスに発展させていきます。
   

  ③「中級・モノとダンス遊び」
    モノを介して、他者との間接的な関わりのダンスを深めていきます。
   

  ④「上級・人とダンス遊び」
    他者と直接的に関わるダンス遊びに発展させていきます。
   

 そのままのあなたの動きが美しい。身体の動きをまるごと肯定される場で、今までに味わったことのない自己肯定感を味わうことになります。


    *5)橋本創一 他「ダウン症の基礎的運動能力に関する横断的研究」  発達障害研究,第30回(1)39-51(2008)
   *6)ダウン症の方の身体性:筋肉の低緊張、敏捷性・平衡感覚の低さ、体力・動きの少なさ、心臓疾患などの合併症、全身協調動作の困難、反復動作の困難、振付記憶の困難 など

↑↑↑戻る

 

Photo03



DVDの内容

 DVDには、エクササイズとダンス遊びの「お手本」と「実際」の映像が収録されています。
 「お手本」映像は、このDVDを利用する健常者の方々へのお手本です。指導者や保護者の方々が、映像を見ながら学習したり、ダウン症の方と一緒にエクササイズとダンス遊びができるようになっています。

 DVDメニューには、「まとめ」のメニュー画面があり、内容項目が箇条書きで表示されています。項目を選択すると、該当する「お手本」映像が再生されます。
 ダンス遊びの「お手本」映像の場合、映像と一緒に動くタイミングが取りやすいように、カウント・ダウン画面から再生されます。ダウン症の方と一緒に動く際にご活用ください。
 「実際」映像では、ダウン症の方々が講師と一緒にエクササイズ、ダンス遊びしている現場映像(ケース・スタディ)がご覧になれます。実際にどのように行われているのか、参考になさってください。

Photo04



使用する音楽について

 「エクササイズ」「ダンス遊び」、共にお手持ちのどんな音楽を使用していただいても構いません。参加する方の好きな音楽を使うのもいいでしょう。自由にお好きな音楽を利用してください。
 ・・・とは言っても、適切な音楽を見つけるのが苦手な方も多いことでしょう。そういう場合は、このDVDの「まとめ」メニュー画面をご活用ください。各項目ごとに、該当箇所が再生されます。
 「ダンス遊び」の場合は、動くタイミングが取りやすいように、先にカウント・ダウンが表示されるように設定されています。その音楽をBGMとして利用して動いてみてください。

 このDVDで紹介されている「エクササイズ」と「ダンス遊び」は、あくまで基本になるものです。実践する指導者、ダウン症の方、それぞれの個性に合わせて、臨機応変に、自由に発展させていただければと思います。



配慮事項

 ダウン症の方には、合併症を持つ方が多くいます。心臓疾患の合併症をお持ちの方には、呼吸の様子などに注意を払い、過度な運動にならないよう注意してください。
 また、頸椎不安定性(*7)の合併症をお持ちの方には、前転や長時間 上を向くなどを避け、首に負担がかからないように十分注意してください。



   *7)頸椎不安定症:頸椎(けいつい)とは、背骨のうち首の部分の骨を指します。通常、頸椎はお互いの突起がかみ合って安定していますが、ダウン症の方では時に、一番上の椎骨が安定せず、2つ目の椎骨よりも前にずれやすくなる異常が見られます。(池田由紀江「ダウン症のすべてがわかる本」/ 講談社 / 2007)

↑↑↑戻る


 


クレジット


タイトル:ダウン症の方のためのエクササイズとダンス遊び
出演:河下亜紀
(*8)、いなもりようこ カモミール・ダンス・クラブの皆さん
エクササイズ、ダンス遊び・考案:河下亜紀
音楽:HURT RECORD、柿堺恵 他
製作:有限会社ランドスケープ
協力:HURT RECORD、カモミール・ダンス・クラブ 他
脚本・監督:野中 剛


   *8)河下亜紀: 舞踊教育家。1989年 大阪体育大学卒業。1992年から1997年まで、ケイ・タケイ’s ムービング・アース オリエンツスフィーアのダンサーとして、国内・海外公演に参加。その後、主にヴォルガング・シュタンゲらから指導を受け、障がい者とのダンス・ワークショップの主催を始める。現在も日本全国で、自由な動きのダンス・ワークショップを行なっている。

↑↑↑戻る



 


批評記事

冊子「女子体育」   

Vol. 58-6・7 Jun・July 2016
(公益社団法人 日本女子体育協会 発行)








寄せられた感想



◯ダンス指導者
  ・「座る→立つ→歩く」の流れがとてもスムーズでやりやすい。
  ・エクササイズの効果や説明がとてもいい。こういうものは今までに見た
   ことがない。普段何気なくやっている運動に説得力が伴い、指導者が
   自信をもって取り入れられる。
  ・ダンス遊びの3段階がわかりやすい。
  ・とっかかりがみつかり、ゼロから考えなくていい。その中からピック
   アップして「今日はポーズやってみよう」と選択して、指導プログラム
   を構成できる。
  ・DVD の解説すべてがとてもいい。
  ・ファイルをつかったところで、時間の経過がみられ、参加者の変化が
   映し出されているのがいい。「こんな感じに変化するんだ」と希望が
    もてる。

◯理学療法士
   ・ダウン症の人たちがとても楽しそうに動いている映像がとても素敵。
   ・音楽をつかったり、からだ遊びで一緒に動くことで動くことが億劫な
    彼らでも楽しく動いてもらえそう。
   ・「後ろ歩き」を加えてはどうか。

◯スクールカウンセラー
   ・内容が多い。初級だけで一巻でもいいくらい。
   ・見本講師2人というのが違和感。講師とダウン症の生徒での見本を見
    てみたい。
   ・見本と実際との比較ができていい。指導法のいいヒントになる。
   ・エクササイズはよく考えられていて実践的でいい。
  
◯グループホーム職員
   ・エクササイズはみながら一緒にできるのがいい。
    難しいのもあるが・・・。
   ・実際の映像がおもしろい。

◯施設職員
    ・ダウン症に関わっている人にとって、「あるある」というシーンが
     いっぱいあって、コミュニケーションや支援の参考になる。
   ・楽しんで身体を動かしているのがとてもいい。
   ・とても映像がきれい。
   ・エクササイズの解説がわかりやすく、とてもいい。
    ダウン症の方だけでなく、職員にもいいエクササイズだ。
   ・DVD 全体の解説(ナレーション)がとてもよく、心動かされまし
    た。特に最後。

◯高齢者
   ・エクササイズが楽しく、思わず一緒に動いてしまった。音楽のテン
    ポが早くついていけないところもあったが・・・。
   ・ダウン症の人のチャーミングな部分を知れた。
   ・ダウン症の人がこんなに上手に踊るなんて・・・驚いた。

◯元養護教諭
   ・障がいの重い人もできるダンス遊びはとてもいい。
   ・ダウン症の人は肥満で悩む親御さんが多いので、「座る」「立つ」
    の所だけでも家でできそう。
   ・エクササイズは誰でも指導できるが、ダンス遊びは好き嫌いがあり
    難しいかも。

◯一般男性
   ・とてもわかりやすい内容だった。
   ・内容が盛りだくさん過ぎるかも(109 分は長い)。
   ・障がいの重いダウン症の人でもできる内容というのがいい。
   ・個々の動きや表現をほめることで本人がとてもいい表情をみせ、
    個人を大事に指導していることに事に好感をもつ。

◯ダンス教育指導者
   ・個人を活かす指導や言葉かけがダンス遊びでみられ、これは障がい
    のあるなしに関係なく、指導者にとても大切なことでそれが映し出
    されている。すべての指導者に参考になる内容である。

◯小学校教諭(女性・40 代)
   ・見ていると、自分も身体を動かしたくなった。
   ・見ているだけでも楽しいDVDですね。
   ・カウントが、8と10が混在していた。現場の教師は混乱するかも。

◯大学教授(教育学・男性・50代)
   ・とても良いものになっていると思いました。 子どもたちや家族が
    見て、楽しみながら体を動かせそうですし、 ダウン症児を担当する
    学校の教師や保育園などの保育士さんに見てもらって 取り入れて
    もらえそうだな、と思いました。
    ダウン症のある子どもたちや大人も、 皆さん、ダンスは大好きな
    人が多く、社会参加や余暇活動などにとって、とても 重要な遊び・
    活動だと思います。また、健常者との交流や共に活動する場面を広
    げることを考えても、今の若者のダンスブームと重なり、とても
    エクセサイズや ダンスは有効だと思います。
    お値段も、この手のDVD では破格の安さですし…。
    是非とも、私がしゃべる講演会などでは、宣伝したいと思っており
    ます。
   ・年齢設定の違いによって、エクササイズの内容が違うと現場の教師
    たちは喜ぶでしょう。
   ・「ダンス遊び」の「人と踊る」は、なかなか難しいですね。
   ・「エクササイズ」の画面に表示される文字情報が多すぎる。そっち
    に目が行ってしまい、講師の動きを見ることを妨げてしまう。
   ・学校には「学習指導要領に基づき評価する」という価値基準がある
    のだけど、ダンス遊びのような価値基準のものは、教師にとっては
    授業で取り入れるのは難しいでしょう。
    しかし逆にこのダンス遊びは、日常から切り離され、表現活動を楽
    しむということ。そういった場だからイキイキできる。そんな余暇
    活動であるのだから、それでいいのではないでしょうか。
   ・「ダンス遊び」の基礎編(お手本映像)くらいは、子どもたちが画
    面を見ながら一緒に動けるような内容であればいいのでは?
   ・このDVD の効果は、療育的なことよりも、むしろコミュニケーショ
    ン能力の強化だろう。ダンス遊びというよりも、表現遊び。

◯元養護学校教諭(女性・70代)
   ・講師の発語がしっかりしてよい。教師にとってのよい見本だ。
    子ども達に伝わりやすい。ボイス・トレーニングを受けている人
    ですか?
   ・「エクササイズ」は、イベントなどの前に行う体操として、福祉
    教育現場で利用できるでしょう。現場の教師にとって、10分以内
    でできるエクササイズは重宝されるでしょう。
   ・「ダンス遊び」は、現場の教師たちが、学習発表会などの際によい
    参考となり、うまく取り入れてくれる事でしょう。
   ・「ダンス遊び」の、「ポーズ」→「マネ」→「モノ」→「人」と
    いう流れが素晴らしい。
   ・私だったら違う音楽を使う箇所がいくつかあった。
   ・知り合いの教師で、ボールなどを使って同じような表現活動指導
    している人がいる。「モノ」は、現場の教師が自分のやり方でそ
    れぞれ自由に選ぶでしょう。
   ・「モノ」で使用している「布」の紹介が欲しかった。どんな素材で、
    どんな手触りなのか? などを知りたかった。
   ・「ダンス遊び」の「手本」は、子どもたちが自分でDVDを操作して、
    自分たちだけで見て一緒に踊れるようにできたらよかった。 教師が
    かまって上げられない時に、子どもだけで使用できると助かる。
   ・子どもたちにとって、学校の期間というものは人生の中では短い
    期間。大切なのは学校卒業後の人生。多くの人がそこに頭を悩ませ
    ている。「余暇」をどうしたらいいのか? このDVDは、そんな
    「余暇」の部分に大いに役立つだろう。
   ・「実際」が「お手本」の通りになっていないことがミソ。通常のHow
     toビデオは使用者がHow to通りに行ってしまい、その枠にとらわれ
    てしまうことが多いが、このDVDではその心配はないでしょう。
    解説ナレーションのない「実際」映像も含めて、そこら辺は、製作者
    の「自分で考えてください」という無言の意図なのでしょう。
   ・現場教師は、皆すでに自分のやり方を持っていて、皆プライドもある
    ので、このDVDの通りには行わないでしょう。自分のやり方の参考に
    使う人が多いと思う。

◯老人介護施設・運動指導員(男性・50代)
   ・ダウン症の子たちって凄いんですね。
   ・でもこの「エクササイズ」は、老人には無理。激しすぎます。
    特に老人の人たちは、張り合う傾向があるので、このエクササイズ
    では、ちょっと目を離している隙に怪我をしてしまうでしょう。

◯振付家・舞踊家(女性・40 代・スコットランド人)
   ・言葉も分からないのに、予告編を見て泣いた。
   ・DVD を送ってもらい、また泣いた。言葉は分からなくても分かる。
    アメージングなDVD!

◯Amazon 購入者コメント
   ・★★★★★
    「出る出る」と噂されていて、やっと入手しました。
    自分は何の知識もないのでどんな効果があって本当に有用なのか
    なんていう事は皆目判断つかないのですが、子どもと一緒に、
    楽しくできる様に工夫されていました。





監督の立場から



 随分とたくさんの感想をお寄せいただきました。皆様どうもありがとうございました。
 私が映像にして伝えたかった河下ワークショップ(以下WS)の世界・魅力が、なんとか視聴者には伝わったようで、ホッと胸を撫で下ろしています。

  ヨーロッパから「障がい者と健常者のダンス活動」(ダンス遊び)が日本に入ってきたのが、1990年頃。その後日本では、「芸術」の面から「ダンス遊び」を紹介しようとする傾向が強くあり、それが逆に普及を伸び悩ます足かせになっていたように思います。
 本人がそこにいなくても描いた作品を展示すればいい絵画や書道などとは違い、「ダンス遊び」は、本人が直接作品(ダンス)に介在し、本人自体が作品にならなければなりません。そしてそのほとんどの場合が、サポートする他者を必要とします。その難しさもあります。
 また論じようとすると、純粋な芸術論だけでなく、本人とサポートする者のダンスを通じた関係論、サポートする者の踊っている時の感覚論も介在してきて、とかく論点が複雑化してしまう傾向があります。

 「ダンス遊び」は、「福祉」と「教育」と「芸術」の交差点。
 どれか一つだけでは説明し切れない奥深さがあり、同時にその難しさがある。
 かねてから私はそう思っていました。
 今回いただいた感想は、この3つの道からの、好意的なご感想であったかと思います。そしてそれこそが、河下WSの魅力と実力なのだと思います。

 改めてゆっくり感想を拝読してみると、3つの道に共通している事柄として、私は、指導者の態度に、モンテッソーリ教育(1)を思い浮かべます。しかし同時に、自主性を重んじるモンテッソーリ教育的態度も決して万能ではないようにも思います。自主性を重んじて待つばかりでなく、時にはこちらから刺激を与えることや、枠組、レールを作ることも、人によっては効果的なこともあるだろうと思います。用意された自由よりも、制約の中、自分で創り出す自由の方が価値のある場合もあるでしょう。
 また「褒める」という行為も、目的を取り違えたり、心が欠如してしまうと、オペラント条件付け(2)の “報酬”に替わるものになってしまうのではないか? という危惧も感じます。
 実はそんな点が、今回のDVDでは伝えにくかったことで、視聴者の人間性にゆだねています。これらの点に関しましては、私にとって、次作への数ある宿題の一つとなっています。

 「ダンス遊び」というフィールドは、種が蒔かれたばかりの野原なのだと思います。
 1つの道だけに固執せず、決して排他的にならずに、3つの道の交差点として深まっていき、美しい花を咲かせて欲しいと私は願っています。
 そして本DVDが、土を整え、充分な水と光、良き肥料になってくれればと思います。
 講師・河下亜紀だけでなく、いろいろな方がそれぞれの個性を発揮して、それぞれの地域でそれぞれの「ダンス遊び」を行い、「地域の新しい踊り」に発展していってくれればと願います。
 様々な境遇を生きる人たちにとってダンス遊び(表現遊び)が、自己と他者を救済し、人と人結び、生きる喜びと希望の光なってくれればと願います。
 皆様に重ねてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。
 引き続き、口コミ、拡散のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


 



1) モンテッソーリ教育:イタリアの医師、マリア・モンテッソーリ(1870~1952)が創始し
            た教育法。その基本理念は、「子どもは、自らを成長・発達させる力を
            もって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を
            保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければなら
            ない」というもの。
2 )オペラント条件付け:自発的に行われた行動に対して、行動後に、報酬(強化子 )や罰(罰
            子 )を与えることによって、行動を強化(弱化)していくこと。
            動物の調教などもそれにあたる。